PC鋼材(土木-プレグラウトPC鋼材)

Home > 製品情報 > PC鋼材 > 土木 > プレグラウトPC鋼材

プレグラウトPC鋼材

プレグラウトPC鋼材の外観

プレグラウトPC鋼材は予め工場で鋼材に後硬化型の樹脂が塗布されシースに包まれているため、現場でのグラウト作業が不要となる鋼材です。このため、省力化、PCケーブルと構造物の信頼性向上、工期短縮などの様々なメリットがあり、昨今、飛躍的に普及している防食鋼材です。

また、従来のプレグラウトPC鋼材は硬化速度に及ぼす温度の影響が大きく、高温になるコンクリート部材への適用が困難でしたが、この欠点を解決する「湿気硬化型樹脂」を開発しました。これにより温度の高いマスコン部材や1本のケーブル内に、温度履歴の大きな差が生じるような場合にも適用が可能となり、その用途はさらに広がりを見せています。

鋼材の配置状況

プレグラウトPC鋼材適用分野別重量比率(2001年度納入実績)

シングルストランド工法におけるプレグラウトPC鋼材の重量比率

従来工法との工程比較

設置箇所の事例

特性、適用限界、耐食性

樹脂の特性

付着特性

供試材 最大引抜荷重
(kN)
湿気硬化型樹脂 プレグラウトPC鋼材 φ28.6 158.2
従来樹脂 プレグラウトPC鋼材 φ28.6 131.9
PC鋼より線 φ28.6 130.4

摩擦特性

湿気硬化型樹脂プレグラウトPC鋼材の設計上の摩擦係数は以下を標準としてください。

  μ(1/rad) λ(1/m) 備考
横締めケーブル 0.10 0.003 直線に近く、比較的短い鋼材
縦締めケーブル 0.30 0.004 上記以外の横締め鋼材を含む

プレグラウトPC鋼材の適用限界

  1. 下のグラフの適用限界温度でコンクリート打設後2週間の緊張可能期間を確保
  2. 本州の平均気温(16℃)であれば、コンクリート打設後の最高温度が45℃程度でも数年程度で硬化(※)

※ デュロメータ硬度20(タイプD)が発現する時間

耐食性

塩水噴霧試験3000Hr後に線内部にも発錆なし

寸法及び機械的特性

呼び名 公称
断面積
(mm²)
引張
加重
(kN以上)
降伏
加重
(kN以上)
伸び
(%以上)
リラクセーション
(1000hr後)
シース径 凸部の
シース厚さ
(mm以上)
プレグラウト
PC鋼材
単位質量
(g/m)
PCより線
単位質量
(g/m)
凸部 凹部 リブ部
N(%以下) L(%以下) 標準径
(mm)
標準径
(mm)
最大径
(mm以下)
19本より21.8 312.9 573 495 3.5 8.0 2.5 29.0 24.5 36.0 1.0 2,790 2,482
19本より28.6 532.4 949 807 3.5 8.0 2.5 36.0 31.5 45.0 1.2 4,520 4,229

諸注意

樹脂に接触した場合の処置について

  • 樹脂が皮膚に付着した際は、速やかにふき取り、樹脂の付着した箇所を中性石鹸でよく水洗いしてください。
  • 樹脂が目に入った場合は、流水で十分洗い、速やかに医師の診断を受けてください。

鋼材の保管期間及び使用時の注意事項について

  • 直射日光に当たる場所、高温となる場所、雨水の直接かかる場所での保管は避けてください。
  • 納入からコンクリート打設までの保管期間は納入後1カ月以内、コンクリート打設から緊張までの期間は2週間以内でお願いします。
  • 適用可能なコンクリート打設後の最高温度は95℃以下です。
  • コンクリート打設後の温度が95℃を超える場合、保管期間、緊張までの期間が長くなる場合は事前に住友電工スチールワイヤーにお問い合わせください。
  • 荷扱い時にシースを損傷させないよう、吊り具はナイロンスリングをご使用ください。
    また、鉄筋やバイブレーター等に当てないように注意をお願いします。
  • ご使用に際しては取扱要領書をご参照ください。
  • 施工機器、定着具等については各種シングルストランド工法の設計・施工指針をご参照ください。